CSVファイルのデータからテーブルを表示させるショートコード

CSVファイルのデータからテーブルを表示させるショートコード

WordPressで表組みを表示・更新するのは、HTMLが分かる人ならなんとでもなりますが、そうでない人が担当するとなると・・・結構困ったことになりますね。

そんなわけで、CSVファイルをアップロードして、テーブルとして表示できるショートコードを作成してみました。

利用方法

1.CODE 1 をテーマのfunctions.phpに追記するか、独自のプラグインにして有効化してください。

2.メディアアップローダーから表として表示するCSVファイルをアップロードします。

3.テーブルを表示させたい箇所に csv2table ショートコードを記述してください。最低限必要なパラメータは、メディアのidか、ファイルの URLになります。

その他、下記パラメータにて、出力を変更することができます。

パラメータ

th
thとして表示するセルの指定。row:左列、col:上部、both:左列および最上列。デフォルトはrow
caption
キャプションとして出力するテキスト。デフォルトは出力なし
file
アップロードした際に表示されるCSVファイルのURLデフォルトはなし。idかfileパラメータが必須
id
アップロードしたCSVファイルのid。idかfileパラメータが必須
charset
CSVファイルの文字コード。デフォルトはsjis-win(Windows Shift-JIS)
table_id
table要素のid属性。デフォルトはなし
table_class
table要素のclass属性。デフォルトはなし
tfoot
tfootを表示するかどうか。1で表示。デフォルトは表示しない

書式サンプル

[csv2table id="30" table_id="sample-table"]

CODE 1

function table_shortcode( $atts ) {
	$default = array(
		'th'			=> 'row',
		'caption'		=> '',
		'file'			=> '',
		'id'			=> false,
		'charset'		=> 'sjis-win',
		'table_id'		=> '',
		'table_class'	=> '',
		'tfoot'			=> 'false',
	);
	$args = shortcode_atts( $default, $atts );

	if ( is_numeric( $args['id'] ) ) {
		$post = get_post( $args['id'] );
		if ( $post->post_mime_type == 'text/csv' ) {
			$args['file'] = $post->guid;
		}
	}

	$match_num = 0;
	if ( preg_match( '|^https?://|', $args['file'] ) && strpos( $args['file'], '../' ) === false ) {
		$file = str_replace( WP_CONTENT_URL, WP_CONTENT_DIR, $args['file'], $match_num );
	} elseif ( preg_match( '|^/|', $args['file'] ) && strpos( $args['file'], '../' ) === false ) {
		$file = $_SERVER['DOCUMENT_ROOT'] . $args['file'];
		$match_num = 1;
	}

	if ( $match_num && file_exists( $file ) && is_readable( $file ) ) {
		$charset = in_array( strtolower( $args['charset'] ), array( 'utf-8', 'euc-jp', 'eucjp-win', 'sjis', 'sjis-win', 'iso-2022-jp' ) ) ? $args['charset'] : $default['charset'];
		$th = in_array( strtolower( $args['th'] ), array( 'col', 'row', 'both' ) ) ? strtolower( $args['th'] ) : $default['th'];
		$fh = fopen( $file, 'r' );
		if ( $fh ) {
			$row_num = $th == 'row' ? 1 : 0;
			$table_id = $args['table_id'] ? ' id="' . esc_attr( $args['table_id'] ) . '"' : '';
			$table_class = $args['table_class'] ? ' class="' . esc_attr( $args['table_class'] ) . '"' : '';
			$output = '<table' . $table_id . $table_class . '>' . "\n";
			if ( $args['caption'] ) {
				$output .= '<caption>' . esc_html( $args['caption'] ) . "</caption>\n";
			}
			while ( $row = Ps_fgetcsv_reg( $fh, $args['charset'] ) ) {
				if ( $row_num == 0 ) {
					$row_class = 'head_row';
				} else {
					$row_class = $row_num % 2 ? 'odd' : 'even';
				}
				if ( $row_num == 0 ) {
					$output .= '<thead>' . "\n";
				} elseif ( $row_num == 1 ) {
					$output .= '<tbody>' . "\n";
				}
				$line = '<tr class="' . $row_class . '">' . "\n";

				for ( $i = 0; $i < count( $row ); $i++ ) {
					$elm = ( $th != 'col' && $i == 0 ) || $row_num == 0 ? 'th' : 'td';
					$line .= '<' . $elm . '>' . $row[$i] . '</' . $elm . ">\n";
				}
				$line .= '</tr>' . "\n";
				$output .= $line;
				if ( $row_num == 0 ) {
					$output .= '</thead>' . "\n";
					if ( in_array( strtolower( $args['tfoot'] ), array( '1', 'true' ) ) ) {
						$output .= '<tfoot>' . "\n";
						$output .= '<tr class="' . $row_class . '">' . "\n";
						$output .= $line;
						$output .= '</tr>' . "\n";
						$output .= '</tfoot>' . "\n";
					}
				}
				$row_num++;
			}
			$output .= "</tbody>\n";
			$output .= '</table>';
		}
	}
	return $output;
}
add_shortcode( 'csv2table', 'table_shortcode' );


function Ps_fgetcsv_reg ( &$handle, $charset = 'sjis-win', $length = null, $d = ',', $e = '"' ) {
	$d = preg_quote( $d );
	$e = preg_quote( $e );
	$_line = ""; 
	$eof = false;
	while ( ( $eof != true ) and ( ! feof( $handle ) ) ) {
		$_line .= ( empty( $length ) ? fgets( $handle ) : fgets( $handle, $length ) );
		$itemcnt = preg_match_all( '/'.$e.'/', $_line, $dummy );
		if ( $itemcnt % 2 == 0 ) $eof = true;
	}
	if ( strtolower( $charset ) != 'utf-8' ) {
		$_line = mb_convert_encoding( $_line, 'UTF-8', $charset );
	}
	$_csv_line = preg_replace( '/(?:\r\n|[\r\n])?$/', $d, trim( $_line ) );
	$_csv_pattern = '/('.$e.'[^'.$e.']*(?:'.$e.$e.'[^'.$e.']*)*'.$e.'|[^'.$d.']*)'.$d.'/';
	preg_match_all( $_csv_pattern, $_csv_line, $_csv_matches );
	$_csv_data = $_csv_matches[1];
	for( $_csv_i = 0; $_csv_i < count( $_csv_data ); $_csv_i++ ) {
		$_csv_data[$_csv_i] = preg_replace( '/^'.$e.'(.*)'.$e.'$/s', '$1', $_csv_data[$_csv_i] );
		$_csv_data[$_csv_i] = str_replace( $e.$e, $e, $_csv_data[$_csv_i] );
	}
	return empty( $_line ) ? false : $_csv_data;
}

こんなプラグインも

管理画面で編集も出来る WP-Table Reloaded というのもありました。むむ、良くできている。
CSVからのインポートについては、当然ながらShift-JISなどサポートしているわけではないでしょうから、UTF-8に変換してからインポートしてあげれば良いでしょう。

この記事は、jim912によって書かれたものです。
引用を行う場合は、著作権法に定める範囲にて、引用元であるSimple Colorsの出展元表示とhttp://www.warna.info/archives/1481/へのリンクを必ず行って下さい。

カテゴリー: WordPressの小技 タグ: , , パーマリンク

CSVファイルのデータからテーブルを表示させるショートコード への4件のフィードバック

  1. ピンバック: CSVファイル読込テスト | Funnypainter's Blog

  2. ピンバック: CSVファイルのデータからテーブルを表示させるプラグイン | ZERO BASE

  3. ピンバック: CSV ファイルのデータからテーブルを作成するプラグインを開発!? - 俺流!テニス論 2.0

  4. ピンバック: CSV ファイルのデータからテーブルを表示させるプラグイン | わぷーにそそられて!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です