WordPress のカスタムフィールドをプレビュー対象にする

カスタムフィールドを使って、使いやすくはしてみたものの、「プレビューに反映されないんですけど!?」と言われてお嘆きの貴方に。

この記事は、jim912によって書かれたものです。
引用を行う場合は、著作権法に定める範囲にて、引用元であるSimple Colorsの出展元表示とhttp://www.warna.info/archives/2502/へのリンクを必ず行って下さい。

function get_preview_id( $post_id ) {
	global $post;
	$preview_id = 0;
	if ( $post->ID == $post_id && is_preview() && $preview = wp_get_post_autosave( $post->ID ) ) {
		$preview_id = $preview->ID;
	}
	return $preview_id;
}


function get_preview_postmeta( $return, $post_id, $meta_key, $single ) {
	if ( $preview_id = get_preview_id( $post_id ) ) {
		if ( $post_id != $preview_id ) {
			$return = get_post_meta( $preview_id, $meta_key, $single );
		}
	}
	return $return;
}
add_filter( 'get_post_metadata', 'get_preview_postmeta', 10, 4 );


function save_preview_postmeta( $post_ID ) {
	global $wpdb;

	if ( wp_is_post_revision( $post_ID ) ) {
		$wpdb->query( "DELETE FROM $wpdb->postmeta WHERE post_id = $post_ID" );
		$post_metas = apply_filters( 'preview_post_meta_keys', array( 'meta' ) );
		foreach ( $post_metas as $post_meta ) {
			foreach ( $_POST[$post_meta] as $meta_id => $meta_arr ) {
				add_metadata( 'post', $post_ID, $meta_arr['key'], $meta_arr['value'] );
			}
		}
		do_action( 'save_preview_postmeta', $post_ID );
	}
}
add_action( 'wp_insert_post', 'save_preview_postmeta' );

デフォルトのUIに対応させただけのものなので、Custom Field TemplateEditor TemplatesAdvanced Custom Fields での入力値に対応させたい場合は、save_preview_postmeta フックで、それぞれのプラグインの送信形式に合わせて、add_metadata(add_post_meta だと、公開中のデータを上書きしちゃうので注意)を実行するようにしてください。

※ 画像表示に影響が出るため、コードを一部修正しました。(2013/1/8)

カテゴリー: WordPressの小技 タグ: , , , パーマリンク

WordPress のカスタムフィールドをプレビュー対象にする への1件のフィードバック

  1. みやちゃん のコメント:

    get_preview_postmeta() のとこで、$key の値が “_wp_page_template” の時は $return をそのまんま返してあげないと、固定ページでデフォルト以外のテンプレートを選択したときに期待通りに動作しなかったです。おらおらー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です