WordPressの実行時間を短縮させる「001 Prime Strategy Translate Accelerator」

001 Prime Strategy Translate Accelerator

開発に関わったWordPressの実行速度を短縮させるプラグイン「001 Prime Strategy Translate Accelerator」がリリースされたので、ここでも紹介させていただきたいと思います。

WordPressを日本語で表示させる場合には、英語と日本語を対訳させるja.moというファイルを読み込んでいます。実を言うと、このファイルの読み込みには結構な時間がかかっていて、なおかつバージョン毎にファイルサイズが大きくなってきています。
当ブログの計測値では、この処理だけで約0.1秒。現状のSimple ColorsではWordPressだけの処理時間で約0.3秒なので、全体の処理時間の約30%がこのファイル読み込みにかかっている計算になります。

001 Prime Strategy Translate Acceleratorでは、このファイル読み込みをキャッシュ化し、およそ半分程度に短縮させる。もしくは、ファイルそのものの読み込みを停止し、この部分のコストをほぼ0にしてしまうことも出来ます。(翻訳自体がされないことになりますが、多言語対応してない独自テーマなどであれば、このモードが有効です)

実行時間比較

下記は、Simple Colorsでの翻訳ファイル読み込みにかかる時間を各モードで10回ずつ計測した表になります。
表から見ての通り、通常(Default)では、0.09秒なのに対し、ファイルのキャッシュモードでは、0.05秒APCのキャッシュモードでは、0.04秒まで短縮し、停止モードでは、ほぼゼロコストとなります。(英語版と日本語版のパフォーマンス差とも言えますね。)

実行時間比較

計測方法は、wp-settings.phpのファイル読み込み関数前後の時間を計測し、その差分で計測しています。

$before = timer_stop();
// Load the default text localization domain.
load_default_textdomain();
echo timer_stop() - $before;

利用方法

インストール

公式ディレクトリから、001 Prime Strategy Translate Acceleratorをダウンロードし、pluginsディレクトリにアップロードしてください。公式プラグインとして公開していますので、管理画面のプラグインの新規追加からもインストールは可能です。

キャッシュディレクトリへの書き込み権限追加

アップロードしたディレクトリの中にcacheというディレクトリがありますので、このディレクトリにPHPの書き込み権限を与えます。(777等)

プラグインの有効化

インストール済みプラグインのリストにある「001 Prime Strategy Translate Accelerator」を有効化してください。

この記事は、jim912によって書かれたものです。
引用を行う場合は、著作権法に定める範囲にて、引用元であるSimple Colorsの出展元表示とhttp://www.warna.info/archives/1447/へのリンクを必ず行って下さい。

プラグインの設定

設定メニューに「Translate Accelerator」メニューが追加されますので、設定ページへ移動し、プラグインの設定を行います。

001 Prime Strategy Translate Accelerator設定画面

キャッシュを有効にする
プラグインの機能を有効化させるかどうかの設定です。利用する場合はチェックを入れて下さい。
キャッシュタイプ
翻訳ファイルのキャッシュタイプを選択します。APC3.0以上がインストールされていない場合、APCの選択肢は表示されません。
キャッシュのディレクトリー
ファイルキャッシュの格納先を指定します。空欄の場合はデフォルト(インストールしたディレクトリ内のcacheディレクトリ)が利用されるので、必要がなければ特に入力する必要はありません。
サイト表示の翻訳
ブログ、サイトを表示する際の読み込みモードを指定します。選択肢は、「キャッシュを使用」「翻訳を停止」「通常翻訳」の3つになります。
ログイン/サインアップ画面の翻訳
ログイン・サインアップページを表示する際の読み込みモードを指定します。選択肢は、「キャッシュを使用」「翻訳を停止」「通常翻訳」の3つになります。
管理画面の翻訳
管理画面を表示する際の読み込みモードを指定します。選択肢は、「キャッシュを使用」「翻訳を停止」「通常翻訳」の3つになります。
キャッシュを削除
WordPress本体、プラグインなどをバージョンアップした際、翻訳ファイルの更新により、未翻訳の部分が残る場合があります。これにチェックをして、変更を保存することで、キャッシュのクリアを行うことができます。なお、更新直後は前のキャッシュが残るため、直後は変更が反映されません。

表示速度については、ユーザビリティーだけでなく検索順位についても影響があると言われていますから、気をつけていきたいところですね。

カテゴリー: WordPressの小技 タグ: , , パーマリンク

WordPressの実行時間を短縮させる「001 Prime Strategy Translate Accelerator」 への14件のフィードバック

  1. ピンバック: 直帰率を改善せよ!WordPressのカスタマイズ方法とプラグイン

  2. ピンバック: 今つかってるWordPressプラグインとか | アンギス

  3. ピンバック: キャッシュ系プラグインを試してみた | 片道切符

  4. cruiser のコメント:

    こんにちは。Bizvektor1.7.3を使ったサイトを持っています。日本語と英語それぞれのディレクトリにwordpressを置いています。この場合は、日本語のwordpressにのみ、このプラグインをインストールして有効化すれば良い という理解でよろしいでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です