smbutton-blue_no_shadow

WordPressの管理画面でプラグインのメモを残せるプラグインを共同開発してみた

ある日、Twitterで @poyosi さんがこんな事をつぶやいていて

実は内心「40も50も入れるかフツー?」などと思っていたのはおくびにも出さず聞いていると、夜中にもかかわらず各所から反応があって

この記事は、jim912によって書かれたものです。
引用を行う場合は、著作権法に定める範囲にて、引用元であるSimple Colorsの出展元表示とhttp://www.warna.info/archives/1988/へのリンクを必ず行って下さい。

意外にニーズがあるのかもと考えを改め、そんなわけで、ちょっぴり興味を持って取り組んでみることにしました。

メモの入力と表示ですが、あまり小さかったりすると入力も表示もユーザビリティーが悪くなりますし、ただでさえプラグインの説明表示の表示文字数が多くなり窮屈な感じになりそうだったのでカラムを増やすのは得策ではないと考えました。
そんなときに、ちょうど有り難かったのがプラグインの行表示を行った後に存在する after_plugin_row というフックです。プラグインの更新があった場合、

の様なメッセージが表示されますが、この表示もほぼ同じ箇所のフックを利用しているはずです。

というわけで、プラグイン表示の下に1行ぶち抜きでメモ欄を表示することにしました。ただ、単に行を追加すると、その増えた行分高さが増えてしまいますし、1行毎にぶち抜きのテキストエリアが表示されてしまっては、表としての一覧性が落ちてしまいます。そこで、プラグインの行にトグルスイッチ用のカラムを追加し、その開閉ボタンでメモ欄の表示を行うことにしました。

まずは、メモ欄の表示と保存の部分を私の方で行い、メモ欄の開閉の実装は @poyosi さんに引き継ぎ。jQueryの記述からWordPress管理画面への読み込みまで、プラグイン作成初体験でもちゃんと動作するようにPHPの記述も含めて実装してもらいました。すばらしー。

基本動作は、ここまででほぼ実装完了したので、あとは、開閉ボタンの表示や開閉ボタンの連打対策や開閉状態の維持など、細かい部分のユーザビリティーの向上など細部を共同で詰めて、最終的にできあがったのがこちら

ユニークだし、使い勝手もそれなりに良くなっていると思いますので、興味があるかたは一度お試し下さい。
また、PHPやプラグインの勉強用に、レガシーな書き方での実装とし、また、それぞれの行にコメントを入れてありますので、興味のあるかたは見てみて下さい。

ダウンロードは、下記のリンクよりどうぞ。

Download

Plugin Memorandum

[追記]
2012/01/31 ひっそりバージョンアップ
2012/02/01 公式ディレクトリにて公開

カテゴリー: WordPressの小技   タグ: , ,   この投稿のパーマリンク

WordPressの管理画面でプラグインのメモを残せるプラグインを共同開発してみた への12件のコメント

  1. sakaism より:

    こんにちは。
    とても便利に使わせていただいてます。
    ありがとうございます。

    ところが、マルチサイトで使用しているWordpressを3.7.1にバージョンアップしたところ、「メモを更新」ボタンが表示されなくなってしまいました。
    もし、何か改善方法等ありましたら、ご教示いただけないでしょうか。
    よろしくお願い致します。

  2. 眼カブ より:

    うん???

    と、思ったら、いるの間にか、「メモの保存」のボタンが表示されなくなってました。
    コンフリクトかWPのバージョンUPかは不明

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です