WordCamp Tokyo 2011 講演資料「WordPress の動作原理詳説」

WordPress の動作原理詳説

WordPress の動作原理詳説

アンカンファレンス補足資料

WordPress関数の記述箇所を検索できる便利サイト

PHPXref 0.7: WordPress

たしか、@kzextream さんに教えてもらった WordPress関数がどのファイルの何行目に書いてあるか検索できるサイト。
表示が完了したら、Ctrl+fなどのブラウザ検索で、WordPress関数名を検索。ヒットした関数名をクリックすると、下記のように関数が記述されているファイルと行数。それから、参照(利用されている)箇所を表示してくれる。
注意点は、(確か)最新版のソースコードを参照しているため、バージョンによって違うことがあり得る。

get_the_category の場合は、wp-includes/category-template.php の 65行目に記述されていて、link-template.php ほか9カ所で利用されていることが分かる。

「WordCamp Tokyo 2011 講演資料「WordPress の動作原理詳説」」への9件のフィードバック

  1. ピンバック: W.C.tokyo2011 « waracmurac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です