リリースされてないけど WordPress 4.0 対応(になるかもしれない)プラグインを作ってみた

インストール時の言語選択

インストール時の言語選択

WordPress 4.0 の beta1 が先日発表されましたね。beta1以降は、バグフィックスのみとなり、新しい機能などは盛り込まれないので、よほど致命的なバグがない限り、ほぼこのままということになるでしょう。

どこらへんが変わったかは、おでさんの「WordPress 4.0 ファーストプレビュー」を見てもらうとして、なんと言っても、表示言語をインストール時に選択することで、言語専用のパッケージが基本的に不要になる(残るのかな)ことが一番の変わった点だと思います。

これは、インストール時にインストールするバージョンに対応した翻訳ファイルのリストをオンラインで取得して表示し、選択した言語の翻訳ファイルをインストール時にダウンロードして適用するような仕組みになっています。

select-wplang

また、「一般設定」画面において、マルチサイトには以前から存在していた「サイトの言語」の選択がシングルインストールにおいても利用できるようになり、インストール済みの言語を選べるようになっています。

で、1つ気になったのが、せっかくオンラインから翻訳ファイルを入手する仕組みがあるのに、インストール時しか言語を入手するインターフェースがなさそうだということです。

幸い 4.0 をインストールする際に利用される wp-admin/setup-config.php には、翻訳ファイルの取得やインストール方法も書いてあったので、これを参考に管理画面から翻訳ファイルを追加できるプラグインを作ってみました。

https://github.com/jim912/WP-Language-Plus

wp-lang-plus

added-langs

この記事は、jim912によって書かれたものです。
引用を行う場合は、著作権法に定める範囲にて、引用元であるSimple Colorsの出展元表示とhttp://www.warna.info/archives/2887/へのリンクを必ず行って下さい。

追加したい言語にチェックを入れて、下部の Install ボタンをクリックすると、翻訳ファイルを追加できるようになっています。

カテゴリー: WordPressの小技 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です